nikiato(にきび跡お悩みサイト)

にきび跡でお悩みの方に、体験談や治療法・メンタルについてご紹介していきます。

アットノンでニキビ跡が治る?

傷あとを目立たなくする”というキャッチコピーで販売中の小林製薬「アットノン」。こう聞くと、いかにもニキビ跡の凸凹にも効きそうな気がします。現在ではリニューアルされて「アットノンEX」に改名されています。お値段も定価1,300円ほどで、そんなに高くもないため、気になっている方も多いはず。そこで、公式HPの情報や、ネット上で寄せられている口コミをまとめて検証してみました。

気になる有効物質と特徴

公式HPによると、「アットノン」には以下の有効物質が含有されているようです。

ヘパリン類似物質

・水分保持成分
・抗炎症作用
・血行促進作用

グリチルリチン酸ニカリウム

・傷あとに残った赤みを抑える

アラントイン

・損傷した表皮の再生を促進する

肌のターンオーバーに合わせて作用

肌が生まれ変わる新陳代謝の周期は28日。アットノンはこの間にじっくり作用していくので、塗ってすぐに効果が実感できるものではありませんが、徐々に傷あとの赤みやもり上がりに作用していきます。効果を感じられるまで継続使用されることがおすすめです。

出典・参照小林製薬HP

ざっくりまとめましたが、以上が公式HPより分かる情報です。“赤みやもり上がりに作用”とか、惹かれるフレーズ満載です。しかし、HPにはニキビ跡についての記載はありません。HPで推奨している”傷あと”は、

・虫刺されのかき傷のあと     ・手の甲のやけどのあと
・ひざの傷あと          ・湯たんぽでやけどしてしまったあと
・猫の引っかき傷のあと      ・服を着ても隠せない場所の傷あと
・切り傷あとにできたしこり    ・靴擦れなどのすり傷のあと

この8つです。
・・・ですが、書き方が違うだけで、厳密には「傷あと」「やけど」「しこり」の3つではないかと思います。尚、添付文書に記載のある効能・効果については、

きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面をのぞく)、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手指の荒れ・手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥症皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛、関節痛

どうやら顔への使用は推奨していないようです。また、粘膜への使用をしてはいけないと注意書きもありました。ということは、ニキビを潰したばかりや、化膿して血や膿ができているような場合には使用してはいけないことになります。血流促進効果もあるため、”あと”になってからの使用が良さそうです。果たしてニキビ跡には効果があるのでしょうか。気になるクチコミを見ていきましょう。

クチコミ

EXにリニューアルされていますが、あきらかにEXでは改善されていそうなネガティブなクチコミを除き、ネット上にある様々な声を集めてみました。
注)クチコミは個人の感想です。効果を保証するものではなく、製品の効果には個人差があります。用法・容量を守って正しく使用しましょう。

良いクチコミ

顎に茶色く色素沈着したニキビ跡ができたので、本来顔への使用はいけないのですが、そこに塗っています。約1ヶ月ほどで効果が出て来まて、色が薄くなって目立たなくなり始めました。2ヶ月ほど使うとかなり跡が消えてきて、確実に効果を感じました。匂いも気にならなかったし、テクスチャーもサラサラしていて透明なので良かったです。
出典:@cosme 16歳女性
足の虫刺されのかき傷のあとがあまりにも汚くて、暑くなって肌を出すのが恥ずかしかったので、少しでも綺麗になればと思って薬局で探しました。
出典:小林製薬HP
ニキビ跡に塗ってみたらみるみるうちにニキビ跡が消えた。傷跡だけでなく、ニキビ跡に悩んでいる人にもおすすめです!
出典:@cosme 18歳女性
手術跡、ニキビ跡、虫刺されと引っ掻いた跡、リスカの跡に使っています。どれも物凄く薄くなり、傷跡がなくなっている部分もあります。どの傷跡にも長期で使用しないと効果はありません。最低でも3ヶ月は使い続けないと大きな効果は分からないと思います。白くなっている傷跡には効きません。茶色?赤っぽく色素沈着している傷跡の色を薄くして、元の肌と同じ色にしてくれます。そしてやはりアットノンの効果を感じやすいのは若い方だと思います。アットノンは代謝を促して傷跡を薄くするので、若い方が効きやすいと思います。
出典:@cosme 23歳女性
どうしても気になるニキビ跡があったので思い切って使用して見ることに。すると、翌日には薄くなっていました!実感が早くて驚きです。特に、ここ最近のニキビであれば、効果が分かりやすいと思います。オススメです。
出典:@cosme 31歳女性
成人してから、派手にこけた傷。ちゃんと消毒や、傷パワーパット等面倒くさくてケアしなかったので、ハッキリクッキリ跡が残りました…バイオイルも使ってましたが、毎日毎日塗り込んでいると、一本使い切るあたりには、薄ーくなってました。ケシミンクリームといい、小林製薬さんのは毎日毎日根気強く使い続けると必ず成果が出ますね。お世話になってます。
出典:@cosme 28歳女性
ニキビ跡消すためにアットノンずっと塗ってたら薄くなってきた。さすがに古傷には効かないみたいだけど。
出典:twitter
気のせいかもしれないし、本当は顔に塗らないでくださいって書いてある物だからあれだけど、ニキビ跡、アットノン塗ってたら結構治ってきてる気がする。体質とか肌弱い人は絶対やらない方がいいし、本来の用途ではないからね。
出典:twitter

悪いクチコミ

この商品が角質にも良いと書いてあったので買ってみた。毎日足裏の手入れをしてその後せっせと塗ってみたが1週間ももたない感じ。安いけど少ない!年齢に比例して手も足も汚いので期待感を込めて毎日手入れに邁進したが、足のがさがさは未だに治っていない
出典:@cosme 63歳女性
手術痕が消えるかも!と思い大きな望みを託して購入しました。スッと染み込んで、効きますようにと願いを込めて毎日擦り込み擦り込み…薄くなってる気がしません。やっぱりそんな消える訳はないかと半ば諦めて今は使ってません。
出典:@cosme 36歳女性
昔から傷が絶えず、跡が残ってしまったものもあったので使ってみました。が、全然意味がない。口コミを見ると効果あった人もいるみたいなので、やっぱり古い跡には効かないのでしょうか
出典:@cosme 23歳女性
何年か前に一度1本使い切ったのですが、いろんなところに濃い傷跡があったせいかあまり傷が消えませんでした。少し薄くなってきたかな?くらい。本数を重ねればさらに薄くなったのかもしれません。これは傷跡が多すぎる、濃すぎると1本じゃ足らないです(汗)ピンポイントに向けて使う商品なんだなぁと痛感しました。
出典:@cosme 17歳女性
最近できた新しいすり傷程度には多少効く気がするけど(自然治癒力?)古い傷には全く効きませんでした。。少しの変化も感じられず今は使っていません。
出典:@cosme 21歳女性
にきび跡治るかと思って顔にアットノン塗ったけどすっっごいしみる
出典:twitter

ちぼたん’s EYE

“あと”に効果がありそう

血行促進効果のある成分が配合されているので、つまり、出血中や粘膜の敏感な個所には適さないことが分かります。目や鼻、口などには使用しない方がよいでしょう。ですが、出血が収まって赤くなっている傷あとには効果がありそうです。クチコミやネット情報を見る限り、肌の代謝がよい年齢の若い方や、2年以内の比較的新しいやけどや傷に限らず、ニキビ跡にも抜群に効果があるようです。

顔への使用は注意が必要

しかし、説明書にも記載があり、クチコミにもあるように、顔への使用は推奨されていません。おそらく、顔には効果が強すぎるせいかと思います。顔は他の部位と違って敏感ですので。若い方や肌年齢の若い方であれば、刺激以上に有効成分が優るのかもしれませんが、敏感肌の方には新たなニキビや肌荒れを誘発する恐れがあります。

軽度の赤み・色素沈着には自己責任で

ニキビ跡と一言で言うものの、程度は人それぞれです。管理人のちぼたんが見る限り、効果があったという報告のニキビ跡は、年数の短い赤みや色素沈着のようです。そもそも、クレーター(凸凹)のニキビ跡は皮膚の真皮という深い部分までダメージを受けているため、修復が難しいのが一般的です。そうでなければ、これだけ多くの人が悩むことはないのでしょうから。また、皮膚表面の表皮は1~2ヶ月で入れ替わりますが、真皮は入れ替わるのに数年以上かかってしまいます。アットノンの代謝促進効果を、あてにし過ぎるのは危険です。メーカー側も、下手に”ニキビ跡に効果あり”なんて言ってしまうと、広い意味でのニキビ跡に対応しきれずに信用を堕とすことが分かっているのでしょう。

ちぼたん’s評価

    • あくまで顔のニキビ跡についての評価です。ニキビ跡に効果があるという話もありますが、やはり顔への使用を推奨されていないため、オススメはできません。あくまでも自己責任です。また、安全に試してみたいという方には、小林製薬の商品ラインナップに「Saiki(さいき)」というものがあります。こちらの商品はアットノンと有効物質が似ており、顔への使用も推奨されています。ただし、乾燥荒れ肌用の第二類医薬品となるため、使用には薬剤師の指導を受けるなどされた方がよいでしょう。

まとめ

・本来の用途ではとても良い商品だが、深いニキビ跡には不向き。
・軽度の赤みや色素沈着には効果がある可能性あり。
・肌年齢が若い方には効果がある可能性あり。
・顔用ではないため、肌荒れ等の二次トラブルを招く恐れがある。

注)使用を推奨したり効果を保証するものではありません。製品の効果には個人差があります。用法・容量を守って正しく使用しましょう。

小林製薬の発売商品には「ケシミン」というものもあります。こちらの商品は、シミを消すことに重きを置かれたもので、いかにも色素沈着にききそうなネーミングです。ちぼたんも何度か利用したことがあるため、ケシミンについては別記事にて使用感やクチコミなどを近日中にUPいたします。

プロフイール

管理人のちぼたんです。

小学生の頃から20年以上に渡り様々な肌トラブルに悩まされてきました。そこで、ニキビ跡に特化したお悩みサイトを作って、少しでも悩んでいるあなたの役に立てればと思って始めました。写真とアイコンは、愛してやまない愛犬のキャバリアです。

サイトマップ